市民チック役者のAKBですから、オタクでなくても

みなさんはAKBの追っかけですか?
住民系統歌手のAKBですから、追っかけでなくても、ニックネームくらいはどなたでも知っていると思います。
AKBの時時、たくさんの可愛くて、素敵なマミーたちがいますよね。
本当は、参戦した時間として「第何期生」というクラスがあることをご存知でしたか?
AKBの追っかけの技法はご存知でしょうが、ご存知ない技法にご説明しますと、あの前田敦子くんや、あの高橋みなみくんは、1期のメンバーです。
前田敦子くんは、残念ながらAKBを卒業してしまいましたが、今も壮健です。
こうして、大人気の大島優子くんは2期のメンバーです。
高橋くんは1期生なので、卒業も心配されていますよね。

半年すれ違いに対してだけですが、AKBのなかでは、1期といった2期の差は大きいと言われています。
イベントを振り返って見ても、1期の発表のときは、配下以外の本当の客人が席に7輩しかいなかったそうですからね。
それに比べて、大島優子くんたち、2期が発表したときは、満席の客人だったそうです。
1期という2期では、そういう発表の裏話もあり、仲間たちの間には、見えない苦しみがあります。
そうかと言って、2期の大島優子くんたちが苦労していないということではありませんが、やはり、一緒にがんばってきた後押し狙いというものが1期生にはとりわけ手ごわいかもしれませんね。
前田敦子くんという、大島優子くんを比べてみると、前田くんは、人見知りで、下手くそ、ストイックな援助です。
それだけ、本人は熱望していないのに、ブームが出てミドルによっていた、「やらされたモード」がある輩だとも言われています。

AKBの大島優子くんは、子役田舎ですから、人当たり対処も愛くるしく、酷いそばから、職業の人間関係の大切さを理解している輩です。
ですから、大島優子くんは、自分に与えられたスパンを使いこなし、どんな職業であっても、一生懸命にできる、王者としての愛嬌を振りまけるみなさまでしょう。

こうして、安価なところが皆に好かれてある大島優子くんは、「輩を踏み台としてのし上がることなどは絶対に止める援助」と言われています。
自分が総選挙で滑り出しレベルになっても、1期の手法の面倒において正にリスペクトしているし、その頃にいなかった自分に負い目を持っていると思われます。
天狗にならず、1期生に敬意を払うことができるのは、本当におとなだと思いますし、この手法だからこそ、誰からも好かれるのでしょうね。
一方、卒業した前田敦子くんのブームもすごかったですよね。
私の周りはファミリー揃ってAKB追っかけの集いに出かけていたそうですが、互いとも前田くんの大追っかけです。
前田くんは、大島くんほどの経験がありませんから、本来の性分だ人見知りがなかには見えてしまう。
職業に人見知りの部品が出てしまうこともありますし、お仕事中に不機嫌な顔つきをしてしまうこともあります。
あんな、はっきりした前田くんが好みという追っかけも多いでしょうし、それは性分ですから仕方ありませんよね。
歌手だって素の自分がどうも、出てしまう曲調もあるですから。
また、同期仲間の秋元才加さんの卒業セレモニーで、大島優子くんが泣いてしまったことも、追っかけとしては内的を痛めたポイントだったと思います。