先ずは体格ですが、大きく変わった点は有りません。

今回のiphone5sから設定キャリヤがユニット引き立ち、docomoのキャリヤからも販売される様になったiphone5sですが、前回のiphone5に関して違いはどんな所に有るのか挙げてみたいと思います。
先ずは持ち味ですが、大きく変わった点は有りません。
敢えて言うならば指紋認証が在るHomeハイパーリンクのリング部分にシルバーやゴールドの色合いが付いた仕様です。
またBody色合いとしてゴールドがかかりました。
持ち味としてはこれだけのレンジになりますので、今までお使いになっていたiphone5用のケースがそのまま利用できます。
次に指紋サインオン都合がつきました。これを「touch ID」と呼んでいるが、今まではパスワードをかける為に4桁の知らん振り印を設定して、まかなう度に記録をしなくてはなりませんでした。
ただし今後はHomeハイパーリンクに指紋スキャナが取り込まれましたので、指紋インプットにおいて方法をかけたり撤回したり出来る様になります。
無論従来の方法方式の知らん振り印も合わせて利用する事も出来ますので、安泰という状況から見てもだいぶ強化される様になります。
またスマホでは今まで搭載されていなかった64ビットのA4チップという雑貨が採択達する様になりました。
これによって速さは格段に歩みし、画面もキレイになります。
更にM7という雑貨が採用され、早い動きをする時にA4チップに負担をかけずに動作する事が出来る様になるそうです。

docomoがiphone実行キャリヤとして参加する事業として、ひたすらiphoneの勢いが止まらなくなってきている感じがしますが、キャリヤはどこといった契約してもiphone5s自身のリアクションは変わりません。
ではカメラに対して、iphone5sはiphone5においてどの様に違いが出たのか挙げてみたいと思います。
今までのiphoneにもやはりカメラはついていて閃光も付いていましたが、あからさまイマイチ凄いという閃光リアクションではなかったと思います。
iphone5sではこの部分を付け足し、デュアルLED閃光を搭載する様になりました。
この閃光が付いた事で、閃光にパターンを生みだす事ができ、1000青写真という閃光を使い分けられる様になったそうです。
画像の仕上がりとしては閃光を使う事で一気に野生状態で写る様になるそうです。
また解像度自体は前回のアイドルと変わりませんが、今までよりもセンスをアップさせる様になりましたので、再度明るくキレイに写る様になったのです。
ふたたびこぶしぶれ補正も有りましたし、連写もリアクション付け足しましたし、オートマチックフォーカスの足つきも倍にのぼりましたので、次々入口好機を逃さずに写す事が出来ます。
別にスローモーションリアクションもiphone5sでは搭載されていますので、より良い画像を撮る事が出来る様になりました。
iphone5とは違い、まるでデジカメ並みのリアクションを採択させたiphone5sのカメラリアクションを現状体験してみてはいかがでしょうか。